インド現地採用のキャリアと生き残り戦略 (仮説)

スポンサーリンク




インドで現地採用(現採)として働き始めてもうすぐ1年が経とうとしています。さかみです。今日はインド現地採用の生き残り戦略を勝手に考えてみます。

私たち現採に生き残り戦略が必要な理由

言葉は悪いけれど、私たちインドの現採というのは、ともすれば使い捨てのコマになりかねない。それが、現地採用に生き残り戦略が必要な一番の理由だと思っている。

例えばインドの場合、現採は一つの会社に平均2年しか勤めないと聞いた。私は「石の上にも3年信者」ではないので、2年という年数はどうでもいいんだけど、インド現地採用の人材の流動性が非常に高いのは確か。

そうすると、企業側も、現採に長く働いてもらおうという会社よりも、どうせ2-3年しか働かないでしょ?というスタンスのところが多くなる。(多分。) 数年しか働かないであろう人に会社が与えられるものは、たかが知れている。教育も、給与も。また、社員育成に関してはそもそも現採を育てるというスタンスの会社は少ないと思うし、育てた経験・能力のある人自体も少ないと思う。

戦略を持たずインド現地採用として生きていると、給与がずっと上がらない、スキルが上がらないから転職してもポジションアップを狙えない可能性が高い。会社の倒産・事業縮小による失業のリスクもずっとついてまわる。

現地採用のその後のキャリア

インドでMISAOというIT、語学、留学関連事業を手がける斎藤さん曰く、現地採用のキャリアとして考えられるのは以下の通り。

現地採用のキャリアとしては
・独立
・競合などにヘッドハンティング/売り込みで駐在化
・外資に転職
・企業内事業で稼ぐ/給与交渉
・副業で稼ぐ

あたりをしていかないと13万Rsの壁(最低保証給与)は超えない気がする。本当に自分の人生を自分で切り開く力や努力、運が必要になってくると思う。
(引用元:インドで働く斎藤です。インドで働く日本人の未来)

独立に関しては、ちょっとよくわからない。個人的には今は興味ないし、できない。

競合などにヘッドハンティングだけど、これは実際にインド内転職で社格が上の会社に転職を成功した例をいくつか知っている。勤続1年以内でのインド内転職でも成功した人も多数いる。これに関しては、「インド現地採用がインド国内転職する際の市場価値」というタイトルで日系の人材業界の方にコラムでも書いてもらいたい。(他力本願)

売り込みで駐在化に関しては、私は20代から30代でインドでこれに成功した人を知らない。会社側は、やる気のない駐在員の方を日本の年収の倍か3倍くらいでインドに送り込むよりも、経験高い人で売り込みにきた人を駐在化させる方がメリットがあるとは思うけど、実際まだそれをできる人と採用できる会社がないのだろうと思う。(多分。)

さらに、駐在員の方の給与と手当てって今高止まりしてて、これから全体的に減少傾向になるのではないかと思うから、そうすると何年もインドで下積みして給与アップのためにわざわざ駐在員を狙うのっておもんないし、コスパ悪いなーと思う。

外資に転職はあり。面白そう。インドで外資に転職例があれば経験者に話聞きたい。日本で外資への転職に成功した例は知っているけど大変優秀な方だったので、例外の可能性高い。

企業内事業で稼ぐのも、給与交渉で給与アップするのも、上の斎藤さんの選択肢の中では最もトライしやすいと思う。ただ、企業内事業(新規事業立ち上げ?)で稼げるポジション・会社にいるインド現地採用ってほぼいないだろ。っていうのが本音。

私はとりあえず給与交渉で給与をあげてもらうことを目標にしていて、実際来月から給与アップすることが決まった。日本にいたらありえない昇給率なので、このまま突っ走りたい。ただ、現地採用で、給与2年間全く上がっていないという例もある。インド現地採用の昇給の相場知りたい。

現地採用が副業で稼ぐことについては、実はFRRO(外国人登録)の上でちょっと問題がある。というのもFRROは雇用契約書に書かれた業務に対してのみ雇用VISAを認可しているのであって、副業は認められていないという解釈が濃厚らしい。ただ、結構副業やっている人多いみたいだし、インドだから抜け道わんさかありそーと思っている。だれか検証して私に教えて。

生き残らないのもあり

インドでの現地採用の経験を生かしてどのようにキャリアアップをするかを考えてみたけど、あえてインドで生き残らないという選択肢もある。

成長市場だとかGDPがなんだとか言ってみても、やはりインドは暮らしにくい。生きにくい。インド自体が合わない可能性も高い。体調悪くなることもある。現地採用の良い点っていうのは、会社に自分の人生の手綱を握られていないことなんだから、インドに固執する必要ないと思う。

「石の上にも3年信者」にはがやがや言われると思うけど、その中の誰も未来を完全には予測できないし、あなたの人生の責任も取れないんだからそんなの無視して大丈夫。自分が良いと思った道にすすもう。ただ、インド現地採用のキャリアについては不確実のことが多いので、もうちょっと日系の人材さんあたりに以下の点を聞いてみたい。

以下の点が明らかになると、インド現地採用の後に日本に帰るのではなく、国内転職を検討する現地採用の人が増えて、人材さんにもメリットあると思うんですがいかがでしょう?

・インド現地採用のインド国内での転職実績・市場価値
・インド現地採用の給与アップ実績
・インド現地採用の駐在化の可能性
・売り込みでヘッドハンティング(駐在?)の可能性とやりやすい業界
・インド国内現地採用の副業の可能性

いろいろ好き勝手に言ってみたけど、珍しいっていうことはそれだけで価値があるから、インド現地採用はその利点を最大限に生かして欲しいし、一大決心をしてインドに来て頑張っている現地採用の人は、進む道は違ってもみんな報われるといいなと思う。お前何様っていう批判は受けないよ。新卒様です。

 

さかみ








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です