【新卒海外就職】そこで待つのは自由か、それとも搾取か。

スポンサーリンク




最近このブログを通じて新卒海外就職したいという人から連絡が来るようになったので、ここらで海外就職の闇をちょっと放出。

海外に出たからって日本のストレス社会から脱出できるとは限らないのよ。そこで待ち受けるのは労働力の搾取かもよ。

とにかく海外で働きたいんです!っていうあなたへ

新卒で海外で働きたいという人の話を聞いてみると、とにかく海外にでて成長したいんです。と言う人が多い。結構なことだと思う。頑張れ。

でも、「海外でとにかく働きたい!雇ってくれるならどこでも頑張ります!」みたいなバカな考えは今すぐやめたほうが良い。そんなんだとあなた、搾取されるよ。

 

ただ海外で働いてただけの人になる危険性も

「とにかく海外で働きたい!」っていう人は、海外就職を美化しすぎだと思う。

海外で就職したからって、必ずしもスキルが身につくわけでもなければ英語ができるようになるわけでもない。ましてやリーダーシップが身につくなんて幻想もいいとこ。

これらのスキルを身につけるためにはどんな会社でどんな仕事をするのかが重要。重要なのは働く場所じゃない。

もちろん、海外で生活することで世界の多様性に触れ、より視野は広がるかもしれない。でも、海外ならどんな仕事でも良いと思って適当な仕事をしていると、ノースキルの「ただ海外で働いてた人」になる危険性も非常に大きい。

海外で働くこと自体が素晴らしいことだと思って、海外ならどこでも良いなんて言ってると、低賃金で頑張って働く人を探してる会社に搾取されるよ。「こいつ海外で働けたらなんでもいいんだって、じゃあもっと働けよ」ってさ。

海外で働くなんて大したことないからマジで

清水の舞台から飛び降りるつもりで海外就職しようと考えている人多いけど、海外で働くこと自体はマジで大したことないから、迷ってるならさっさとやってみたほうが良い。

それと同時に、海外で働くこと自体にはそれほど意味はないということを意識して、しっかり仕事を選ぶべき。良い仕事が見つからなかったら、日本で働いてから挑戦するのもありだと思う。

 

頑張れ!

 

 

さかみ

 

 








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です