優等生だったさかみが不登校と学校の理不尽さを考える。

スポンサーリンク




お休みの日は起きねばと思ってから実際に起きるまでに5時間くらいかかります。さかみです。今回のテーマはかねてから書きたいと思っていた不登校と学校の理不尽さについて。

不登校ってそんなにヤバイことかな?

不登校って言うと、とんでもなくヤバイことだと思われがちだけど、全然そんなことないと思う。そんなさかみが不登校について考えた2016年1月のツイート。

 

「バカじゃないの?」と思う学校の思い出

私は小学校から高校まで、一度も不登校になったことはないけど、今思えば学校では理不尽なこと、おかしなことがいっぱいあった。そんな中でさかみが覚えている学校三大「バカじゃないの?」をご紹介!

①高校の修学旅行でその日使い終わったシーツを綺麗にたたんで、先生の許可を得てから朝食を食べるという儀式(?)があったんだけど、これから洗濯機にぶち込まれるシーツをバカみたいに時間かけてたたんで、ちょっとずれているからと部屋に戻ってまた畳み直して、先生のとこに持って行って列に並んでチェックを受けて・・・そんなことにマジで1時間〜2時間くらいかけた。「バカじゃないの?」 子供だから先生がやれって言ったらやるんだよね。先生たちも、一人くらい「こんな意味ないことやめましょう」って言う人いなかったのかよ。

②中学校では、眉を剃ったらだめという校則もあった。これも、「バカじゃないの?」特に沖縄の子って毛が濃い子が多いから、眉の手入れしないととんでもないことになったりする。笑それなのに眉は生やしたままにしないとダメですって。どんなイジメ。笑
今大人の女性の皆さんは分かると思うけど、眉の手入れしないで人前に出ろってそれだけで拷問だわ。

③連帯責任。これも「バカじゃないの?」軍隊かよ。
例えば、中学校で朝の読書の時間があって、先生が見回りに来るんだけど、読書していない人が一人でもいるクラスは連帯責任でクラス全員が放課後30分残って読書するという罰があった。私これが意味分からなくて、先生とバトルしたことある。

私「先生、本読んでない人がいるのは私の責任じゃないのに何で放課後残らないといけないんですか。」
先生「ちゃんと読書してない人がいたら同じクラスなんだから注意すべきだろう」
私「集中して読書しろというのに、同時にクラスメイトがちゃんと読書してるかチェックして、なおかつ読書するように注意しろってことですか?そんなの気にしてたら自分の読書ができないです。」
先生「・・・・・」

さかみ、勝利。

こんなエピソード序の口で、まだまだ理不尽なこと、意味わからないルール、たくさんあった。先生たちは思考停止している人がほとんどだから誰もその制度を変えようとはしないし、無条件で生徒を従わせることばっかり考えてルール破ったらすぐ不良扱い。眉剃って不良扱いとか理不尽すぎるでしょ。

学校は平等ではない

こんなに学校に食ってかかってるさかみだけど、実はさかみは中高と優等生で通っていたので、すべての理不尽なルールに疑問を持つことはなく、先生にも好かれる生徒だった。
今だから言えるけど、中学校の時スカートを2回まげて短くして履いていたんだけど、先生達はスカートの長さチェックの時にまさか優等生の私がまげていると思わないから、私のスカートのチェックはほとんどしなかった。顔パス。だから一度も怒られたことない。私よりスカート長くても先生に目をつけられている子は怒られてたのに。
学校ってこんなとこ。理不尽だし、平等ではないし、変なルールに疑問持たずに先生に好かれる私みたいなバカな子が得する。

世間体よりも子供のことを考えられる親になりたい

学生の時は学校のルールや学校自体に何の疑問も持っていなかった私だけど、
今思うとやばい世界で生きていたんだと分かる。
学校に疑問持って、反発して、先生に刃向かう子の方がまともなような気さえする。
だから私は子供ができて「学校に行きたくない」と言ってきた時には世間体ではなくて、子供のことを考えて一緒に学校に行かなくてもよい方法を考えられる親になりたい。
「とりあえず学校は行きなさい」なんていう親にならないように、学校がどんなに理不尽なところだったのか、ここに書いて覚えておきたいと思う。
これらの理不尽なこと以外にも、イジメや女の子独特の派閥問題、そんなのに巻き込まれた時、学校は地獄になる。それも覚えておきたいと思う。

 

 

さかみ








1 個のコメント

  • いろいろ考えさせられます。私は生徒の気持ちに寄り添うことができてたんだろうか?
    ん〜。少なくともあと10年ちょっとはこの仕事のたずさわるであろう。勇気を持って生徒の気持ちを代弁していける先生になりたい。そんな気持ちがあったはずだけどな〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です