インド人おすすめインド民族衣装のお店 ibadat 

スポンサーリンク




1着目のインド民族衣装kurtiを購入してから早1ヶ月。2着目も欲しくなったので、毎日民族衣装を着ている同僚シュルパに聞いてみました。
それでおすすめされたのがグルガオンGood Earth City Center にあるibadatというお店。


お値段がリーズナブルで、しかも柄の種類が豊富で可愛いとのこと。

ずらーっとこんな感じで民族衣装が畳まれています。カラフルで可愛い・・・・
店員さんはこの時男の人二人。「何色がいい?」「これどう?」とかちょこちょこ勧めてくれますが、ごり押しはしないのでゆっくり買物しやすい。
試着に時間がかかっても、途中で「いかがですか?」とか聞いたりしない!笑

今回散々見て購入したのはこちら!!

紺色のkurti(クルティ)Rs1090(約1870円)とクリーム色のレギンスRs390(約670円)です。
同僚が言っていたように、安い!ほとんどのクルティがRs1000前後でした。
赤とかピンク・黄色とかカラフルなのが多いのに地味なネイビーを選ぶあたり私らしい。。。。
すっぴん寝起きなので顔は切り取りました!笑

横から見るとこんな感じ。深めにスリットが入っていて、ベトナムのアオザイみたいですよね。前回買ったkurtiはスリットなしのワンピース型でしたが、このスリット有りだとより民族感が出て好きです。

どうでもいいですが、インドで私の洋服のサイズ、SかXS。ありがとうインド。

袖と裾の方にある白い花の刺繍がとても可愛い。よーく見ると、紺色の部分にも刺繍が入っていて、細かいところまで素敵です。

ただ、このレギンスの色がクリーム色なので、単体で見ると完全におじいちゃんのももひき。
黒や紺色のレギンスにしようかとも思いましたが、お店のお兄さんが「このkurtiにはこのレギンスだ!」と断言したのでこれにしました。
あとで見てみると、やっぱりこの色で正解。インドの民族衣装に合わせるレギンスを買う時には、インド人に色を聞くのがいいようです。

さっそく来週の月曜日にはこれを着て出勤します。
オフィスカジュアルってなにそれ美味しいの?
他にも同僚に民族衣装のお店を勧められたのでまた紹介しまーす。

 

 

さかみ

 

 

 

 

 

 

 








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です